軽トラ アクティのエアコン調整

私の軽トラのアクティーHA3は中古で買ってから8年くらい経ちます。

一応、エアコンは付いているのですがどうも効きがイマイチだったのです。

その効きというのは冷房の方ですね。



今までは中古だし軽トラだからこんなものなのか  と諦めていたのですが・・・

でもエンジンをかけて暫くは結構冷たい風が出てくるのに暫くすると生ぬるくなってしまう。


そこで・・・  もしかしたらエンジンで温まった温水とヒーターの空気が遮断されてないのでは?

と考えたのです。


エアコンはヒーターの温風とエバポからくる冷風を混合しているんですね。

その混合割合を決めるのがミックスダンパーというバルブ(スポンジを貼ってある板)。

インパネの温度調整レバーはそのミックスダンパーとウォーターバルブをコントロールするものですね。(たぶん)



疑問を持ったらすぐ解明しないといけませんね。

という事ですぐ実行!



まず我がアクティのインパネです。  
d0225575_75398.jpg

この温度調整レバーが一番左にある時には温水も温風もシャットして冷風だけ出すはずですね。



では本当にそうなっているかを調べます。

ということで何処にその状態が分かる機構があるのかを探します。


暑いです。  汗ダラダラです。


レバーを動かしながら何処か連動して動いているものはないかと探します。


左側のグローブBOXを外してみましたが無いです。   ガッカリ!


でもそのスキマから覗くとレバーに繋がった白い針金みたいなものが右側に行っているのが見えます。

そこで今度は運転席側からインパネの奥を覗くと何やらワイヤーに繋がったレバーみたいな物が2つあります。



水温コントロールとミックスダンパーを動かしているレバーはこれでした。(調整後の写真です)
d0225575_951490.jpg



このレバーを調整する前は上の写真にあるストッパーとレバー間にかなりの余裕(スキマ)がありました。

と言う事は温風がシャットし切れていないということなんですね。


クランプを大きなマイナスドライバーでコジッてワイヤーのクランプ位置を直しました。(かなり大変です)
あくまでクランプをコジるのです。 ワイヤーの黒い部分のアウターを潰すと厄介なことになると思われます。
(スリットが入ったバーみたいな工具があれば簡単にクランプを広げられるかもしれません)


狭い空間なので作業は大変です。  ステアリングコラムカバーを外して作業をやり易くしました。

そして温度調整レバーが一番左の時にミックスダンパーのレバーがストッパーに当たるように調整したんです。
(クランプ位置で10mmくらいズラシました)


その結果は・・・・





久々のクリーンヒット!        だと自負しています(笑





今までとは全然違います。   冷たい風!    涼しい!     快適!



アクティーを乗られている方でエアコンの冷風に不満を持たれていましたら是非この部分をチェックしてみてください。


しかし、何でこんないい加減なワイヤー調整をしているんでしょう。


自分のアクティーはスタンダードなのでエアコンは販売店での後付けだと思います。


この部分の調整は生産工場なのか販売店なのかどちらか分かりませんが、ちょっとガッカリですね。


もっと早く気が付いて直していれば、過去の8年分の夏をもっと快適に過ごせたかもしれません。


もったいない。



注)ここでエアコンの機構、構造について言っている事はあくまで私の想像ですので事実と異なるかもしれません。


エアコン関連の記事(フィルター交換)はここです。

by yuzuchan9775 | 2013-07-28 08:00 | 車いじり | Comments(2)

フィットのフロントブレーキパッド交換

今日は久し振りに車いじりと言うほどのものでは無いけれど部品交換です。

ブレーキパッドの交換は難しいものではなく、ちょっと車をいじった人なら簡単にできる。

だからブログにUPするのもどうしようか迷った  でもせっかくだからUPしますね。
(この季節はブログUPのネタが無いし)




先日、息子が販売店に点検に出したらブレーキパッドの交換が必要と言われたそうだ。

それで見積りを出してもらったら部品代+工賃で約13000円ということだった。

この車はもう10年も経ち、116,000kmも走っている。  ブレーキパッドがよくここまでもったなー。


以前に息子の車を見た時にブレーキパッドが減っているから交換するならやってあげるよと
言っておいたので今朝、仕事に行く途中に車を置いていった。

(息子は2人いますが二人とも車音痴です)

ブレーキパッドはヤフオク送料込みで3500円。
色々なメーカーがあるが、1500円とかあまりにも安いものは何んとなく信頼できないので一応信頼できそうな
日清紡というメーカーのものを選んだ。
d0225575_1631194.jpg





という事で早速交換作業です。


まずジャッキアップしてタイヤを外し、ブレーキパッドを見ると限界ギリギリ。
d0225575_1553628.jpg




まずキャリパー下側のスライドピンの締め付けボルトを緩めて抜き取ります。
d0225575_16431498.jpg




ブレーキホースのホルダーのボルトを緩めて抜き取ります。  すこし緩め難いが、最初だけレンチで
緩めれば後は手で回せました。
(ナックルとダンパー結合部のボルト先端が邪魔でした。そしてこの作業は後でキャリパーを持ち上げるときに
 ブレーキホースに損傷を与えない為に必要なんです)
d0225575_1648476.jpg




次にキャリパーをよいしょって上に持ち上げて紐で下に落ちないように縛っておきます。
(上にあげておかないとパッドをセットできないです)
d0225575_16523435.jpg




パッドを取り外してみるとウェアインジケータが鳴く寸前で限界ギリギリでした)
d0225575_16574878.jpg

ブレーキパッドのインナーとアウターの減り具合に大きな差があるようだとスライドピンが
固着している可能性があるので点検が必要です。


これは新品(インナー)。
d0225575_16585670.jpg




古いパッドから裏側に付いている金属の薄いプレートを外して新しい方に取り付けます。
これを取り付けないとブレーキが鳴きやすい。
本当はパッドのベースプレートとこの薄いプレートの間にパッドグリスというものを塗る
のですが、購入していないので今回は無しです。  ブレーキが鳴くようでしたら後で
塗布しようと思います。

これはアウターから外した薄いプレート。(薄いプレート・・・部品の名前を忘れてしまった)・・・  1/26パッドシムでした
d0225575_1715736.jpg

薄いプレートはインナーが2枚、アウターは1枚付いている。



そしてキャリパーのピストンを押し戻すのですが、そのまま押し戻すとブレーキフルードがリザーブタンクから
溢れてしまうので事前に抜き取っておく必要があります。

そこでスポイトが必要なのですが、買うのもバカらしいので自作のスポイトです。

ペットボトルのキャップに孔を明け、リーマで適度の直径にしてビニールチューブを取り付けました。
孔はキツめにしないと2次空気を吸ってしまい、使い物になりません。
(ビニールチューブはホームセンターとか金魚や熱帯魚を売っているペットコーナーで売っていますので
 10cm買えばOKですね)
d0225575_17235224.jpg

ブレーキフルードはマスターシリンダーのポートにエアが入らない程度にほとんど吸い取ってしまいました。
この時気を付けなければいけないのは車の塗装面にブレーキオイルを垂らさないようにしなければいけません。
ブレーキオイルは塗装を痛めます。




このキャリパーは1ポットなのでこんなバイスでピストンを押し戻しました。 
オイルシールがひっくり返らないようにゆっくりねじ込んだ方がいいかな。
新品のパッドなのでピストンはダストブーツが平らになるくらいまで戻しました。
d0225575_17274576.jpg




そして新しいパッドをセットしてキャリパーを元の位置に戻します。
d0225575_17353699.jpg

パンタグラフジャッキで持ち上げていますが、下に枕木を置いて両方で荷重を受けています。
パンタグラフジャッキだけで作業をすると危険です。
本当はリジッドラックで支えれば良いのですが、油圧ジャッキは持ってくるのが重いし今回は
この方法で行いました。



キャリパーを元通りに組んでタイヤを取り付け完了です。(キャリパーを元通りにした写真は省略です)
d0225575_8201092.jpg




あっ そうそうリザーブタンクの油面はとりあえずブレーキオイルをUPPERラインまで入れ、ブレーキペダルを数回踏んでからまたUPPERのラインまで補充します。
両方のピストンを押し戻すとこれだけのブレーキフルードを吸い取ることになりました。
このPETボトルは300cc入りなのでたぶん50~60ccくらいだと思います。
d0225575_17474370.jpg

このスポイトはかなり使えます。
我ながらGood Idea!        かな?

以上です。  という事で約1万円が節約できました。


各締付け部分の締付けトルクは自分で調べましたが、もし間違っているとこれを参考にした方に
迷惑がかかるので表示しません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by yuzuchan9775 | 2013-01-25 18:12 | 車いじり | Comments(2)

アクティーのスピーカー交換

アクティー(HA3)の右側スピーカーのビビリが酷くなり、
聞くに耐えない状況になったので交換をすることにした。


もう6~7年前にこの軽トラを購入した直後にスピーカーを
交換したんだけど2ヶ月くらい前からビビリが酷くなってきた。


この車はスタンダードで素の車なのでモノラルのAMラジオが
元々は着いていた。(中古車で購入)
だからスピーカーは左の1個のみでした。


軽トラでかなり遠出もするのでオーディオはそれなりに音質が
良くないと道中が寂しいものになってしまう。


ここから栃木県鹿沼市の友人宅まで約125kmの行程は約4時間
であり何としても改善しないと我慢できない。

現在、アクティーに取り付けてあるオーディオデッキはパイオニア
(カロッツェリア)の1DINタイプ。
d0225575_2231137.jpg


昔、息子が使っていたお古を貰い受けて取り付けたもの。
純正ではないので取り付けのステイとかは1mm厚のアルミ板を加工
して何とか装着。
1mmのアルミ板なら金切り鋏で簡単に切れるし、曲げられるし、孔も簡単に開くからね。


いまの調子の悪い10cm 3wayスピーカーは6~7年前にオークションで買った中古の
PIONIERもので左右で3000円だったが、けっこう低音も出るし良い音がした。
d0225575_22354015.jpg

このグロメット付きの純正スピーカーコードはこんなものでも1500円くらいする。
(でも黒いテープを巻いたり手作業で作っているんだろうなー しょうがないかー)



純正のスピーカーケースの後部を切り落として大きな磁石の逃げを確保し、
無理して取り付けています。
d0225575_2259302.jpg




順番的にはここから作業がスタートです。

それではまず交換する為にドアのライニングを外しますが、とりあえず
ドアのインナーハンドルのケースを外します。
d0225575_2239572.jpg

ビスが外れたらケースを右(後ろ)方向にスライドすると外れます。



次にプルハンドルのキャップを外してビスを取り外します。前後2ヶ所です。
d0225575_22421647.jpg




このビスを2本緩めて外します。
d0225575_23445697.jpg




次に前側のこの2本のビスを取り外す。
d0225575_22484937.jpg




ドアガラスのレギュレーターハンドルを外すのですが、まず針金を加工して
ロックピンの引っ掛け棒を作ります。
d0225575_22523164.jpg

写真は銅線を加工したものです。



レギュレーターの周りを押して出来た隙間からその針金を差し込んで、
引き出します。(この構造は40数年前のN360から変わらないなー)
d0225575_2315497.jpg




<追記 2012.4.10>
この方向から引き抜くのが正式と思われます、レギュレーターハンドルの
写真をみていたらちゃんと切り欠きがあり、針金を差し込むスキマがあるんですね。
という事は前回は間違って組み込んだという事ですかね。
d0225575_926693.jpg



以上が外れたらドアライニングを外すのですが、ドアガラスは一番下に下げて
おく方が作業はやり易い。

ドアライニングを固定している樹脂のクリップをオリャー! と剥がす。
(忘れたけどたしかクリップが5~6個あるのでライニングのその辺りに指を
 差し込んで剥がすように引っ張る)

全部クリップが外れたらドアライニング全体を上方に引きあげて外す。



これが今回オークションで購入した1コのみで300円のPIONIER 2wayスピーカー(送料は850円)
ということで送料の方が高い!  でも良い音がしそうな予感!
(MAX90W NOMAL25W 88db)
d0225575_23143230.jpg





ハーネス端末の端子を付け替えるなどの小細工はしたが、
無事に取り付け完了。
d0225575_2336161.jpg





d0225575_23173830.jpg

このスピーカーの後ろをガラスが上がり下がりするのでハーネス等が
干渉しないように注意が必要です。



この後は元に戻すのみですが、ロックピンを外したレギュレーターハンドルで
ガラスを一番上に上げておき、レギュレーターハンドルを外して、ロックピンを
ハンドルに取り付けます。
d0225575_23231765.jpg

         
        ↓

<追記 こちらの写真が正式と思われます 2012.4.10>
d0225575_929565.jpg



ベースを先に差込み、レギュレーターハンドルにロックピンをセットした状態のまま
元の角度で差し込んで終了です。
(差しこむ角度はガラスを最上部で止めておき、レギュレータハンドルを前方の上45°が標準です)


作業が完了したので早速、試聴してみると交換前よりも音が良くなったような
気がします。 (気のせいか?)


ということで1時間はかからないで終了しました。

by yuzuchan9775 | 2012-04-09 23:49 | 車いじり | Comments(0)

走行距離

 今日はアクティーのヒュー音が大きくてかなりうるさいので
 タイミングベルト張り調整をやりましたが、これは2度目です。
 1度目はインターネットで正式なやり方を調べてやってみたのだが、
 ベルト交換前みたいなレベルにはならなかった。
 どうも暖まると音が大きくなるので、カムシャフトとクランクシャフト
 の軸間が熱で膨張し、ベルトが更に張られてしまうからだと思います。

 今回は正式なやり方ではなく、ヘッドカバーは外さずに上死点を感覚で
 感じて後は前回に準じてやってみたのだがその結果として今回はGOOD!であった。

 前回と同じにやってみても結果は同じだろうし、ヘッドカバーを外して
 作業をするのはとにかく大変です。
 今回は手抜き、妥協の極みですがこれで良しとしよう。

 それでこの話の本題ですが、めでたく我がアクティーの走行距離が130000km
 になったのです。
 ヒュー音を確認し、車を降りるときに何気なくメーターを見るとなんと129999.2km
 を表示しているではありませんか。
 まー何かの節目だからともう少し乗って130000kmをカメラに納めました。
d0225575_18312871.jpg


 しかしこの車はタフですねー。
 今でも調子の悪いところは何もないし、ちゃんと面倒見ていれば200000kmでも
 平気かもしれない。
 自分はなんでも大事にする性分で軽トラでも1カ月に1回は洗車とワックス掛けを
 しているんです。(ちょっと変人ですかねー  でも汚い軽トラを会社に乗って行く
 のは恥ずかしいので)
 愛着が湧いて可愛いもんです。
 キレイでしょ。とても12年経っているとは思えない。
d0225575_18302056.jpg

by yuzuchan9775 | 2011-08-20 18:39 | 車いじり | Comments(0)

アクティーのエアコンフィルター交換

アクティー(HA3型)のエアコンフィルターを交換しました。
毎年1回交換しているんです。
普通は取り外して清掃する事になるのですが、何年か前に清掃しようとしたら網部分がポロポロと
取れてしまった。
そこで純正部品を買おうと思ったのですが、ちょっと待てよこんな構造なら台所換気扇のフィルターを
切って使えばいいのでは。(純正品は確か1200円くらい、買いに行くのもめんどくさいので)
目が詰まったら交換すれば問題ないはず。
そこで元々のフィルターを骨だけにして台所用換気扇フィルターを挟むやり方でもう数年経ちます。

まず運転席のシートを取り外すとこういうレイアウトでエバポレータがあります。
去年取り替えたフィルターはかなり汚れています。
d0225575_1812165.jpg





フィルターを外してみたらフィンの部分が埃と水滴が混じってカビでドロドロしている。
(エアコンのガス、オイルが漏れているわけではありません)
カビですね。
これは何とかきれいにしなくては。
d0225575_18181253.jpg

ちょっと荒いやり方ですが高圧洗浄機で清掃しました。(フィンが少し潰れました)
 水道で散水する時のガンならOKかな。
(普通の軽トラはカーペットが無いので電線系に水が掛からなければフロアが濡れても
大丈夫だと思います・・・責任は持てませんが)
それにエバポ下に溜まった水は車外に出すドレインホースが付いてるしね。 
(それが結構ホコリが詰まって車内にオーバーフローするんだよねそうなったら
下にもぐってドレンホースを牛の乳絞りみたいに絞ると簡単に取れるけど)
清掃後の写真を撮るのを忘れてしまったのでどのくらいきれいになったかは紹介できませんが
あのドロドロはきれいさっぱり無くなりました。




次に台所の換気扇用フィルターか園芸用の不織布を少し大きめに切断する。
ちょっといい加減な切り方になってしまった。
d0225575_1824447.jpg

フィルターを大きく切ってすっぽり包んで周りをホッチキスで止める方法も良いかもしれません。
そしてパイプをまたぐ部分にはスリットを入れるのも良いと思います。
例えばこんな風に・・・
d0225575_962954.jpg



これを取り付けて無事に完了です。
d0225575_18332555.jpg


2週間くらい前にエアコンガスを補充しているので冷え具合はまあまあであるが、エバポレータの
掃除、フィルターの交換で劇的に効きが向上するということは無かった。
寒いくらいにエアコンが効くようにならないかなー。

2011/8/4追伸:実際に運転してみると清掃前とは違い、明らかに良く冷えます。エバポレータを清掃して正解でした。



この他にアクティーのエアコンに関する記事があります。
アクティーのエアコンが良く冷えないという方は参考にしていただけたら幸いです。
ここです




にほんブログ村

by yuzuchan9775 | 2011-08-03 18:38 | 車いじり | Comments(0)

エンジンマウントラバー交換

 今日の午前中、雨が降っていなかったので来週にする予定だったアクティーの
 エンジンマウントラバーを交換することにした。
 左のタイヤを外そうと思っていたのだが、見たところ外さなくても出来そうなので
 ENGのオイルパン下側にジャッキをあてがうだけで作業したが問題なく30分掛らない
 くらいで完了した。

 交換前にはアイドリングの時にカタカタと異音がしていたり、4、5速ギヤの走行で
 エンジンに負荷が掛った時のこもり音が酷かったりしたが改善できた。

 アイドリングのカタカタ音はマウントラバーがヘタッて、マウントを締付けている70φ
 くらいのプレートに当たり、スティックスリップの音がボディーを伝わって聞こえていた
 のだと思う。
 その証拠にプレート側のラバーが当たっている部分が少し摩耗していた。
 だけどこのエンジンマウントはラバーの使い方がおかしいのではと疑問を感じる。
 一般的にはラバーを圧縮方向で使っているが、アクティーは剪断方向というか延び方向で
 使っているので切れやすいのではと思う。
 切れてもエンジンが落ちる構造ではないが異音が出るのは当り前の構造だ。
 それとも異音が出たら交換してくださいという意味なのかな。
 ちょっと納得できない。

 新旧比較
d0225575_19253173.jpg




 こんなにへたっているが、12万キロも乗れば当然か。
 カラーの位置でヘタリ度合いが分かる。
d0225575_1927030.jpg




 暗くて良く分からないが、交換前はラバーとプレートが当たっていたが交換後は
 8mmほどスキマがあいた。
d0225575_16291045.jpg

 部品代4000円でかなり快適になった。


にほんブログ村

by yuzuchan9775 | 2011-06-26 19:31 | 車いじり | Comments(0)

アクティーENGサイドマウントラバーの購入

今日は既に注文しておいたエンジン左側のマウントラバーを引き取りに行ってきた。

5月連休に苦戦?というか敗戦したタイミングベルト交換の時にマウントラバーが切れて
いる事が分かっていたので早い内に交換しようと考えていた。

とりあえず購入できたので来週にでも交換しようと思う。

今日はこれから雨が降らない内にオクラの植え付けとか畑仕事をしなければならないのと、
明日は天候が期待できないので交換作業はあせらずに来週に計画する事にした。

交換すればアイドリング時の振動、雑音が向上するはず。楽しみだ! (これはアクティー2WD HA3型の純正部品です)
d0225575_10223080.jpg

定価は5500円くらいだったかな。 でもいつも行っている販売店なら2割引きくらいはしてくれるかも。

交換結果はこちらです。


にほんブログ村

by yuzuchan9775 | 2011-06-25 10:25 | 車いじり | Comments(0)

どうしても緩まない

 クランクプーリー締付けボルトが何をやっても緩まない。
 素人の限界を超えてしまっているのか。
 自分で考えられることは全て実行した。
 今日は最後の一手を行ったがやっぱり緩まなかった。
 ボックスレンチを固定してセルモーターの力を借りてチャレンジして
 みたがダメだった。
 もうこれ以上の方法は思い付かない。
 残念だが修理工場にお願いする事にした。
d0225575_21302780.jpg

 とりあえず動くように元に戻すのも大変だった。
 (一応、元に戻して始動確認済み)
 ACジェネレータを外したのでベルトカバーは何とか外れたのだが、
 とにかく外すのも取り付けるのも知恵の輪状態だったり、とにかく疲れ果てた。
 作業は立ったり座ったり、前傾姿勢が多いので背中の筋肉もかなりの疲労。
 歳のせいもあるが・・・。

 くやしいがDIYでのタイミングベルト/Wポンプ交換は諦めました。
 しかし修理工場はどういった方法で緩めるのだろうか。
 超強力なインパクトレンチで緩めるのかなー。

 しかし、とにかく悔しい。


 ***その後、この方法は理論的に間違っている事がわかりました。
 この方法は締まる方向となります***



にほんブログ村

by yuzuchan9775 | 2011-05-03 21:41 | 車いじり | Comments(6)

やっぱり緩まないクランクプーリー締付けボルト

 今日は朝9時から昨日買ってきた建築用の鉄片というか柱などをボルト
 とナットで締結するときのワッシャに該当するものを回り止めに加工した。
 80mm×80mm 8.8mm厚なのでかなり加工が大変。
 この材料は自分の構想に沿って何か使えそうなものは無いかホームセンターで
 探してきたものだ。
 この加工だけで3時間半も掛ってしまった。


 最初に放射状に切れ目を入れてそれからジグソーで丸く切り取っていったのだが、
 ジグソーの刃を5本使った。
 本来はそんなものを加工する工具では無い事はわかっているがそれしか方法が無い。



d0225575_14255165.jpg



 なんとか回り止めとして取り付けた。
d0225575_14274851.jpg




 なんとか緩んでくれーと祈りながら回り止めにルーフキャリアのバーを差し込み、
 レンチにも同じバーを差し込んでオリャーッ!!!
 なんか変な感触でまさか!
d0225575_14301928.jpg




 回り止めの剛性が無く、破断してしまった。  疲れたー。

 なんか今日は気力が萎えてしまった。  
 でもなんとかしなくては。
 なんとかしないと連休が終わってしまう。


にほんブログ村

by yuzuchan9775 | 2011-05-02 14:40 | 車いじり | Comments(0)

クランクプーリーが緩まない

 昨日からタイミングベルト交換作業に着手。
 しかしクランクプーリーがどうしても緩まない。
 いろいろな方の作業をネットで拝見させてもらうが、自分のアクティーと
 同じプ-リーでは無いようだ。
 回り止めを差し込む穴も無いし、センター付近にホンダ専用工具を差し込む
 対辺50MMで6角の穴も無い。
 エアインパクトレンチを使っても電動インパクトレンチ( 急遽購入
 最大トルク320nm 箱が壊れていたので2割引きで7800円 ラッキー! )
 でもダメ。2割引きはぬか喜びだった。
 どうしたらいいんだ! ということで次の手を考案中。
 悔しいけど今日は風が半端無く強いし中断。

d0225575_12565882.jpg


 クランクプーリーは4本のM6×15ボルトで止まっているがそれを外しても
 そのプーリーのベースが外れないとカバーは引っかかって外れない。
 要はクランクプーリー締め付けボルトが緩まないとこれ以上作業は進まない。


にほんブログ村

by yuzuchan9775 | 2011-05-01 13:04 | 車いじり | Comments(1)