フィットのフロントブレーキパッド交換

今日は久し振りに車いじりと言うほどのものでは無いけれど部品交換です。

ブレーキパッドの交換は難しいものではなく、ちょっと車をいじった人なら簡単にできる。

だからブログにUPするのもどうしようか迷った  でもせっかくだからUPしますね。
(この季節はブログUPのネタが無いし)




先日、息子が販売店に点検に出したらブレーキパッドの交換が必要と言われたそうだ。

それで見積りを出してもらったら部品代+工賃で約13000円ということだった。

この車はもう10年も経ち、116,000kmも走っている。  ブレーキパッドがよくここまでもったなー。


以前に息子の車を見た時にブレーキパッドが減っているから交換するならやってあげるよと
言っておいたので今朝、仕事に行く途中に車を置いていった。

(息子は2人いますが二人とも車音痴です)

ブレーキパッドはヤフオク送料込みで3500円。
色々なメーカーがあるが、1500円とかあまりにも安いものは何んとなく信頼できないので一応信頼できそうな
日清紡というメーカーのものを選んだ。
d0225575_1631194.jpg





という事で早速交換作業です。


まずジャッキアップしてタイヤを外し、ブレーキパッドを見ると限界ギリギリ。
d0225575_1553628.jpg




まずキャリパー下側のスライドピンの締め付けボルトを緩めて抜き取ります。
d0225575_16431498.jpg




ブレーキホースのホルダーのボルトを緩めて抜き取ります。  すこし緩め難いが、最初だけレンチで
緩めれば後は手で回せました。
(ナックルとダンパー結合部のボルト先端が邪魔でした。そしてこの作業は後でキャリパーを持ち上げるときに
 ブレーキホースに損傷を与えない為に必要なんです)
d0225575_1648476.jpg




次にキャリパーをよいしょって上に持ち上げて紐で下に落ちないように縛っておきます。
(上にあげておかないとパッドをセットできないです)
d0225575_16523435.jpg




パッドを取り外してみるとウェアインジケータが鳴く寸前で限界ギリギリでした)
d0225575_16574878.jpg

ブレーキパッドのインナーとアウターの減り具合に大きな差があるようだとスライドピンが
固着している可能性があるので点検が必要です。


これは新品(インナー)。
d0225575_16585670.jpg




古いパッドから裏側に付いている金属の薄いプレートを外して新しい方に取り付けます。
これを取り付けないとブレーキが鳴きやすい。
本当はパッドのベースプレートとこの薄いプレートの間にパッドグリスというものを塗る
のですが、購入していないので今回は無しです。  ブレーキが鳴くようでしたら後で
塗布しようと思います。

これはアウターから外した薄いプレート。(薄いプレート・・・部品の名前を忘れてしまった)・・・  1/26パッドシムでした
d0225575_1715736.jpg

薄いプレートはインナーが2枚、アウターは1枚付いている。



そしてキャリパーのピストンを押し戻すのですが、そのまま押し戻すとブレーキフルードがリザーブタンクから
溢れてしまうので事前に抜き取っておく必要があります。

そこでスポイトが必要なのですが、買うのもバカらしいので自作のスポイトです。

ペットボトルのキャップに孔を明け、リーマで適度の直径にしてビニールチューブを取り付けました。
孔はキツめにしないと2次空気を吸ってしまい、使い物になりません。
(ビニールチューブはホームセンターとか金魚や熱帯魚を売っているペットコーナーで売っていますので
 10cm買えばOKですね)
d0225575_17235224.jpg

ブレーキフルードはマスターシリンダーのポートにエアが入らない程度にほとんど吸い取ってしまいました。
この時気を付けなければいけないのは車の塗装面にブレーキオイルを垂らさないようにしなければいけません。
ブレーキオイルは塗装を痛めます。




このキャリパーは1ポットなのでこんなバイスでピストンを押し戻しました。 
オイルシールがひっくり返らないようにゆっくりねじ込んだ方がいいかな。
新品のパッドなのでピストンはダストブーツが平らになるくらいまで戻しました。
d0225575_17274576.jpg




そして新しいパッドをセットしてキャリパーを元の位置に戻します。
d0225575_17353699.jpg

パンタグラフジャッキで持ち上げていますが、下に枕木を置いて両方で荷重を受けています。
パンタグラフジャッキだけで作業をすると危険です。
本当はリジッドラックで支えれば良いのですが、油圧ジャッキは持ってくるのが重いし今回は
この方法で行いました。



キャリパーを元通りに組んでタイヤを取り付け完了です。(キャリパーを元通りにした写真は省略です)
d0225575_8201092.jpg




あっ そうそうリザーブタンクの油面はとりあえずブレーキオイルをUPPERラインまで入れ、ブレーキペダルを数回踏んでからまたUPPERのラインまで補充します。
両方のピストンを押し戻すとこれだけのブレーキフルードを吸い取ることになりました。
このPETボトルは300cc入りなのでたぶん50~60ccくらいだと思います。
d0225575_17474370.jpg

このスポイトはかなり使えます。
我ながらGood Idea!        かな?

以上です。  という事で約1万円が節約できました。


各締付け部分の締付けトルクは自分で調べましたが、もし間違っているとこれを参考にした方に
迷惑がかかるので表示しません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by yuzuchan9775 | 2013-01-25 18:12 | 車いじり | Comments(2)

Commented by medakankan at 2013-01-27 14:24
きゃ~yuzuちゃん!こんな難しいことできるんですか!整備士の免許もってるんですか~、、。。すっごいですね~。。(medaka♪)
Commented by yuzuchan9775 at 2013-01-27 16:27
いやー 車をいじるのが好きなだけです。好きな事をするのは
楽しいですねー。
でもこういったブレーキとかをいじる場合は慎重にやらないといけませんね。